2014年05月28日

ついに成立しましたね


司法試験、受験5回まで可能に 改正法が成立

朝日新聞デジタル 5月28日(水)10時31分配信



 司法試験の受験機会の制限を緩和する司法試験法改正案が28日、参院本会議で可決・成立した。法科大学院を修了した人が、修了後5年以内に受験できる回数を現行の「3回まで」から「5回まで」にする。法科大学院を修了しなくても受験資格が得られる「予備試験」の合格者に対しても、同様とする。

 司法試験の志願者は減少傾向が続いており、今年は5年ぶりに1万人を割り込んだ。若手弁護士の就職難などのほかに、受験回数の少なさも敬遠される一因とみられている。法務省は今回の法改正で志願者の数を回復したい考えだ。

 改正法は、来年度の司法試験から適用される。すでに3回不合格になった人でも「修了後5年以内」であれば再受験できる。また、受験生の負担を軽くするために受験科目も変更した。六法と行政法を課していた短答式試験を憲法、民法、刑法の三つに減らす。
.
朝日新聞社
posted by 弁護士 金沢幸彦 at 16:24| Comment(0) | 日記

2014年05月21日

学者本に走る前に

本試験が終わると、毎年必ず、『予備校的なものはダメだ!もっと本質の理解が大事だ!』と言って、学者本を買い込み始める人がいます。ただ、ちょっと待ってくださいというのが僕の意見。

今年を含め、いつも本試験を分析して思うのは、本試験で必要な基礎的知識などは、予備校本やインプット講座で十分だということ。まず、この基礎的知識が、しっかり身についているかを再点検する必要があります。具体的には、「趣旨規範ハンドブック」に載っている全論点につき、趣旨や規範を正確に書くことができるかどうかを再点検すべきでしょう(判例については事案と判旨を言えるかどうかです)。基礎的知識が身についていないなら、今からそこを集中的にインプットしなおすべきであって、高度な学者本に手を出すという「以前の問題」です。

なお、本試験の問題を解くには、もちろん上記の基礎的知識だけでは足りず、現場で考える作業が必要です。しかし、そもそも、その能力を見ることが、この試験の目的でしょう?
同じ問題が出ない…といって学者本に走ったって、『考える』という根本的な作業から逃げ続ける限りは、何の進歩もありません。この手の人は、予備校答練でも、少しでも変化球が来たら『悪問だ』という一言で片付けて反省すらせず、物を考えるというせっかくの機会を放棄していたりするものです。・・・本試験で、ど真ん中ストレートなんて来ませんよ。バッティングセンターじゃないんですから。

まあ、結局は好き嫌いの問題であるともいえ、演習用にどんな本を使ってもよいのです。ただ、同じ問題とかタネ本を求めて学者本に走ることはナンセンスです。とにかく勉強にあたっては、@基礎的知識をしっかり身に付けることとA考えるという作業から逃げないこと、だけはしっかり心がけることが大切だと思います。
posted by 弁護士 金沢幸彦 at 13:39| Comment(0) | 日記

2014年05月20日

民事系3科目の講義を終えて

昨日夜は、本年度の司法試験論文民事系三科目の講義を収録してきました。各科目を30分ずつ簡単に概略を説明するというのがミッションでしたが、10分ずつオーバーした以外はなんとかなったのではないかと思います。全日程が終了した翌日に講義というのは、もしかしたら業界でも最速かも知れませんね。それだけに、反響に不安もあります。ですが、分析情報があまりない中だからこそ、自分ならこう解くということをリアルに話せた点は、それなりに意義があると思います。しかし、疲れました…。『尺』が各科目30分だろうが各科目2時間だろうが、準備にかける労力は変わらないですしね。
★上記講義は、辰巳HPで所定の登録を行っていただくことにより、視聴していただけます。
posted by 弁護士 金沢幸彦 at 09:55| Comment(0) | 日記